ドラマランキング

  • 2013.08.10 Saturday
  • 00:00
 視聴率で見るドラマランキングってのが有った。
1位 半沢直樹
2位 DOCTORS 2
3位 救命病棟24時(5)
4位 なるようになるさ。
5位 ショムニ2013
と続いていた。

「なるように」「ショムニ」は見ていないので何とも言えないが
「半沢直樹」と「DOCTORS」はどちらも陰物だよね。
「救命」は人気シリーズらしく順当なランクインなのかもしれない。
月9の「SUMMER NUDE」が7位。
申し訳ないけど、月9にはどうかね?って作品だよね。
月9に位置してなければ、もっと低かったかも?
と思うのは私だけでしょうか?
ネチネチ未練たらしい男と
その男をず〜っと片思いしながら猛烈アピールするも振られ続ける女
って、これだけでも無い無い。
初回だけ見て録画するの止めましたから

ちょっと以外だったのは「Woman」が8位だったこと。
もっと上位かと思ってました。
演技力の高い役者ぞろい(子役もね)で引き込まれますけどね。
凄く泣けます。
初回なんて、大泣きしちゃいました。

最近、泣くための会があるそうで・・・。
泣きたい人は見てみたら?
あ、もしかして男の人は泣けないのかな?このドラマ。

TWISTED

  • 2013.05.07 Tuesday
  • 00:00
GW 終わりましたね。
いかがお過ごしでしたでしょう?
旅行ですか?
家族サービス?
お疲れ様でした

私ですか?
私はびっちりお仕事に明け暮れておりましたとも
家族サービスも不要ですから、こう云うときは、おひとり様が頑張りますわ

とは言っても、休みがなかった訳じゃないですよ。
でも、人酔いするので、人混みが嫌いです。
休日をエンジョイしている皆様が大勢おいでの街中へ出て行く気にはなれません。
なので家に隠り、録画してある映画を見て過ごしました。



午後のロードショーでTWISTEDをやっていたみたいです。
アシュレイ・ジャッドは美人ですね。
笑顔が可愛いですね。
美人で笑顔が可愛いってどうよ!?
と、女の嫉妬心をくすぐる女優のお一人ですね
この映画も、そんな彼女の魅力が出ていた作品でした。
テンポも良くて飽きずに見ることが出来ました。
でも
でも
でも
オチが
終わり悪けりゃ全て台無しっしょ!?
あの終わり方、何とか工夫できなかったんでしょうか?
ネタばれも

最近のドラマもねぇ。
ワンシーズン前は医療系。
今シーズンは警察系。
流行ですか!?
流行って有るんですか!?

と、文句ばっかり言ってる私には、ストーリーを創作する能力、微塵も有りませんけどね
無いからこそ、そういう能力のある方を尊敬しちゃいます。
頑張って下さい
頑張って楽しませて下さい
ほんと、頑張ってぇ〜


 スタッフを募集しています
一人でお仕事が出来るようになるまで、先輩スタッフがキッチリ教えてくれるので安心ですよ
夢のために頑張っている人、他のお仕事と掛け持ちの人。
学生から主婦まで、様々な人達が在籍しています。
少しでも興味が有ればご連絡下さいませ〜

☆総合事務スタッフ☆
●川崎市多摩区にある事務所で事務の請負をしています。
こちらでお仕事をして下さる事務員さん募集中です。

☆セレモニーレディ☆
●葬儀のお手伝いをするお仕事です。
司会・案内・返礼など、様々なお仕事があります。
研修もありますので未経験の方でも大丈夫

☆男性スタッフ(管理者候補・現場スタッフ)☆
葬儀の案内・サポート・搬送など、様々なお仕事があります。
丁寧にお教えしますので未経験の方でも安心してご応募下さい

詳しくはホームページの求人詳細をご覧下さい。
トップページ左より各求人詳細&申込フォームへ。
http://www.globalcompany.co.jp/

ご不明な点がありましたら下記へお電話下さい。
お問い合せ電話番号:0357048401

グローバルコーポレーション株式会社
求人担当まで

アカデミー賞

  • 2009.02.23 Monday
  • 05:22
「おくりびと」でアカデミー賞外国語部門賞

ニュースが流れてから映画館は満席だそうだ。



この映画、原作は
「納棺夫日記」
という富山県在住の葬儀やさんの本らしい。

モックンが20年ほど前、色々迷っていた頃に感銘をうけ作者の方に会いに行ったのだという。

それが、作品化される最初のきっかけだそうだ。


作者は、幼い頃に大陸から船で引き揚げてくる際に身内の遺体を捨てなければならなかったという経験をもつ。

普遍的なテーマであるはずの死が、次第に日常から浮き出しつつある今、死を生の続きとしてとらえた点が評価されたのかもしれない。

  • 2009.01.07 Wednesday
  • 00:22
P1000073.jpg
フェデリコ・フェリーニの監督作品。 どうしようもない主人公たち一人一人のふとした一言が見に凍みて、何故か温かい。

ナビィの恋

  • 2009.01.05 Monday
  • 04:06
P1000126.jpg

沖縄のおばあの恋の話、三角関係だの駆け落ちだのと普通に考えると大変なことになっているはずなのに、なぜだかほのぼのさせられる作品。

人と人との関係が密着しているのにもかかわらず、どろどろにならず、南国の雰囲気のただよう作品。(音楽は違うのもあるのだけれど・・・)

アイズ・ワイド・シャット

  • 2009.01.04 Sunday
  • 03:32
2008121703310000.jpg

トム・クルーズとニコールキッドマンが夫婦だった同時に出演している。

自身の欲望や嫉妬による妄想なのか夢なのか、それとも現実なのか・・・わからないままストーリーは進んでいく。

鉄道員

  • 2009.01.03 Saturday
  • 03:00
2008121702590000.jpg
高倉健主演。 若いかりし頃の広末と大竹しのぶという不思議な家族構成になっており、違和感を感じるが広々〜とした自然の中にただただ立つ健さんといった印象の映画だった。

パッチギ

  • 2009.01.02 Friday
  • 08:18
2008121703180000.jpg

井筒監督による、日本人と在日韓国人学生たちの交流を描いた作品。

サッカーの試合や恋愛などの青春ストーリーを通して韓国と日本の関係を浮き彫りになっている。

それでも生きるこどもたちへ

  • 2009.01.01 Thursday
  • 03:58
P1000504.jpg

世界中のいろんな生活を送る子供たちのオムニバス集。

かの有名なルソーが「子供の発見」をして以来、先進国と呼ばれる国々のほとんどでは「子供」は扶養され教育を受ける権利があるはずであるが、、ここに出てくる子供たちのほとんどは働き手である。

それは兵士であったり、何かを売り歩いていたりとさまざまであるが、これをみていると日本はなんとのんきでいい国なんだろうと思う。


運動靴と赤い金魚

  • 2008.12.31 Wednesday
  • 10:42
P1000485.jpg

イラン映画である。

イスラム圏では女性や子供が主人公になる作品は厳しいというイメージがあったが、よくぞその環境から作ったな・・・という作品。
少年の目から見たイランの大人社会を描いている。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

TOP

logo.gif

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM