猫達の災難

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 19:28

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたしますぅ〜矢印上

 

さて、時は戻って昨年最後の日。

今年は「お一人様正月」を過ごす予定だったので

小さなお重に収まるだけのおせちを作り

 

161231_174722.jpg

 

豚の角煮大根と卵添え、数の子、お雑煮を用意して

年越し準備は完了。

毎年、除夜の鐘を聞きながら

年を跨いでお節作りに追われていたのが嘘の様。

始まる前から座って紅白を見たのは

もしかすると生まれて初めてかも知れない・・・

 

一人なので此の時期お高くなっている大きなエビさんは買うのをやめて

むきエビ入りのかき揚げを作って

年越し天ぷらそば〜手

 

161231_180848.jpg

 

ちょっとぐだぐだチックな紅白を見ながら年越しそばを啜り

猫達とカウントダウン。

 

161225_210228.jpg

 

おめでたいにゃDocomo88なんて言う訳も無くアセアセ

いつもの様に、猫達とベッドへ潜り込んで就寝。

 

元旦。

晴天で気温も高め。

着物に着替えていつもお参りしている神社で祈祷して頂く。

空が澄み渡っていて近所にある「富士見公園」から

富士山の頭が奇麗に見えていた。

頂いた年賀状を見ながら、懐かしい人達の笑顔を思い浮かべる。

なんて穏やかなお正月♪

 

のんびり過ごしていると

「これから行く」

とライン。

バカ息子である。

息子って駄目よね。

ギリギリまで予定を立てないで!

って、家の馬鹿だけか?

 

猫達に避難警報が発令。

息子が到着するや否や2階へと避難。

たまに、わび助は部屋の中まで、さび助はドアの隙間から。

偵察しては2階へと避難を繰り返す。

 

2日。

昼過ぎになって、ようやくコタツに潜り込み

息子の足元付近まで警戒は和らいだらしい。

そこへ奈良へ行っていたもう一人の息子から

「明け方着くから布団敷いといて」

 

大バカ息子!!

急すぎるやろう!?

どういう教育受けてきてん!!

親の顔が見てみたいわぁぁぁぁぁぁマジで

的な怒りを覚えながらも布団を用意する馬鹿親・・・

 

3日。

やっと緩んだ警戒だっただけに

再び訪れた恐怖に2階へ避難した猫達は

みんなが帰るまでリビングに入ってくる事は無かった。

 

4日。

エベレストまで高まった緊張が解け

 

170104_121315.jpg  170104_121236.jpg

 

ぐったり。

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

TOP

logo.gif

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM