春の真っ盛り

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 12:17

おこんにちわゆう★

春真っ盛り

桜の花も満開になりお花見に行ったでしょうか?

私は毎年恒例となりました

仕事移動中

車中からの花見のみっす・・・

今日は朝から花散らしの雨が降っておりますので

やっぱり花見宴会をすることなく

花見のピークは過ぎ去ってしまいますなぁ〜

 

って言っても

寒い思いをしながら

時として砂ぼこりにまみれた弁当を囲み

好きでも無い酒を飲む花見に

行きたいとは思わないので

私の花見は車中からの花見で十分なんですがDocomo_kao8

まぁ、それでも欲を言えば

時間を気にせず、ぶらぶらと散歩をしながらの花見がしたいっすねぇあ

 

って言っても(パート2)

基本インドア派なので、用事が無ければ一日中家の中に居たりするので

休みが有っても、ぶらぶら散歩花見もしないんだけどねプッ

 

春と言えばメダカが産卵を始めました。

もう3月20日ごろから睡蓮鉢の掃除をすると

卵を3つ4つと見つける事が出来てましたが

家の中の水槽に移動して1週間もすると真っ白になったり

白カビが繁殖したりで孵化する事は無かった

もしかしたら無精卵だったのかもしれない。

それが4月に入り数日経過すると一度見つかる卵の数も増えてきた。

まだ孵化はしていないものの、白くなって死んでしまう卵は見つかっていない。

で、昨日。

ゴミ出し前に庭掃除をして、睡蓮鉢を覗いてみると

卵を抱えたメスメダカ発見。

急いで隔離。

 

めだか.jpg

 

ちょっと家に持って入ってみたら

 

DSC_0416.JPG

 

わび助が興味を抱き

 

DSC_0418.JPG

 

さび助参戦。

簡易的に隔離してあるので産卵用の水草が数本しか入っておらず

隠れることも出来ないメダカ達が可哀相過ぎたので

家の中での産卵は断念。

野良猫やカラスにひっくり返されないよう保護してから仕事へ出かけた。

仕事から帰ると、5匹のメスメダカは無事に産卵を終えていたので

メダカを睡蓮鉢に戻し、卵は家の中の水槽へ

 

卵.jpg

 

卵は48個ありました。

数日前から少しずつ見つけていた卵たちと合わせると

全部で80個前後は水槽に入っていると思われる。

針子を見られる日が楽しみです〜♪

 

そうそう

3月の終わりに奈良へ行ってきました。

父の三回忌&祖母の五十回忌&祖父の三十回忌

一切合切纏めての法要でふエリザベス

早朝から車を飛ばして一路、奈良へ向かいます。

お天気が良くて富士山が綺麗な姿を現していましたはーと

昼過ぎに実家を到着し、すぐさま義姉と一緒に墓掃除。

仏壇の掃除に法要の飾りつけ。

夜には、またまた白と黄色の丸餅を大量に作らされましたゆう★

 

この餅つきに兄も弟も参加する気は一切なく

私と母の2人で作業をする。

離れて暮らしているので、こういう時ぐらいはお役にたたなきゃならんので

それは良いんだけれど、母が用意するもち米の量が大量なので

私の担当作業(蒸す、洗う)の回数が半端無く

ただただ苦痛のみ。

何とかして、この苦痛から逃れたいと

「正月の餅がまだ残ってるし餅はもういらんから饅頭にしてよぉ〜」

って言っておいたのに

うまい具合にボケられ

私の切なる願いは綺麗さっぱり忘却の彼方へ・・・

最近の母の口癖は

「頭がおかしくなってきた」(ボケてきたの意味)だけど

私の到着日に合わせ、もち米を大量に洗い、浸水させておく母。

確信犯的行動としか思えないマジで

 

翌日は10時から実家で法要をし、墓参りに行き

奈良パークホテルに隣接している

大和料理 萬佳 でお食事

 

170326_134139.jpg

 

天平衣装に身を包んだウエイトレスさんが接待してくれます。

 

衣装.jpg

 

この天平衣装は5月3日から5日に平城京で体験できるそうです。

http://www.tenpyosai.jp/event/#ev10

 

滞在中、土産を買いに奈良公園へ行ってみた。

奈良は観光地が隣接しておらず名所を一気に訪れる事が出来ないので

観光地として京都に劣っている。

関東の修学旅行で『奈良京都』と言っても奈良は素通りに近い状態。

宿泊もして頂けず、途中下車的に奈良公園周辺を観光したら

京都に行ってしまうので旅館は閑古鳥が鳴いている。

少し前までそんな話をしていたんだけど、

今回、奈良公園に行ってみると、驚くほどの外国人。

高速餅つきで有名な中谷堂の店先には

餅つきの実演がなされていない時間にもかかわらず外国人の人だかり。

焼き餅?か何かを購入して食べ歩きするようである。

 

外国人に人気らしいフクロウカフェも出来ていた。

 

170328_114515.jpg

 

興味が湧くものの間近で鳥の足を見る気になれず外観だけっす。

 

最後に癒されてあ

 

DSC_0406.JPG DSC_0418~2.jpg

 

わび助&さび助moe

きらきら男前ぇ〜きらきら(←大馬鹿者っすガーンネコ

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

TOP

logo2.jpg

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM