屋形舟〜♪

  • 2014.12.03 Wednesday
  • 21:28
 今年の現場スタッフの忘年会は屋形舟
人生初の屋形舟でございますぅ
品川駅に集合して、歩いて舟屋さんへと向かいます。
寒いだろうと、着込んで着込んで着込んだワタクシ。
暑ぅございます
ちょっぴり迷いつつ、出航前に無事到着。
お店の前で大小のゴジラさんがお出迎え。
141201_182217.jpg
飲む前から酔っているのか?
ボケボケ写真
乗り込む前に舟を写そうと頑張ってみたものの
大きすぎて撮れませんでした。
大きすぎってか、近すぎって奴ですか?
広い船内、畳みが敷かれていますが、テーブルと椅子だし
私達だけの貸し切りだし
誰にも気兼ねする事無く騒ぎ放題でした
レインボーブリッジや
141201_184251.jpg
お台場の夜景を見ながら
飲む、喰う、騒ぐ。
141201_184841.jpg
レインボーブリッジをくぐり抜ける頃には
141201_183940.jpg
すっかり出来上がってまして
東京タワーやスカイツリーも写したはずが
どれもこれも使い物にならねぇ
みんなの写真も撮りまくってたけど
フラッシュ点いてなかったりしてました。
一応、プリントするけどさぁ〜
ごめんよぉ。
昔から写真撮るの、ウルトラ下手くそなんだよね
お姉さんが全員を撮ってくれたのは綺麗だったんで
良しとしよう
2時間半。
あっという間に過ぎてました。
楽しかったねぇ
来年はどんな企画にしようかしらね?
お楽しみに〜
さて、話は変わって
寒くなって来たので
ワンもにゃんもお日様の光が差し込む場所がお気に入り
日差しに包まれ
141121_151751.jpg
眩しいけどココが好きbyわび助
ワンもにゃんも丸くなって寝る事が多くなってきました。
ここまで丸くなると
141121_151828.jpg
真っ黒なボールですbyさび助

ロマンスカーと箱根登山鉄道で

  • 2014.11.18 Tuesday
  • 16:44
 内勤スタッフ7名で箱根へ日帰り旅行に行ってきましたぁ

小田急線ロマンスカーの先頭に席を陣取りたい
という野望(ちっちゃい野望)は果たせなかった物の
最後尾に席を確保する事に成功。
一番後ろではなかったけれど
それなりに開放感があって満足満足
ただ、折角のシャンデリアは昼行灯。
夜の方がゴージャス感を味わえるみたいです。



写真取り忘れたので、小田急ホームページから貰っちゃった。
富士山の頭も見られたよ。

箱根湯本に到着したらその足で箱根登山鉄道に乗り換え。
赤色三両の可愛い電車です。

141117_101659.jpg

険しい箱根の山をジグザグと進みます。
その度に運転手さんと車掌さんがホームを走る。
頑張れぇ〜

赤、黄、緑に色づいた美しい山と
眼下に見える川の流れに見とれる内に
強羅駅へと到着です。

強羅.jpg

ケーブルに乗り換える人々の長い列を横目に
急な坂道をえっちらおっちら登っていきます。
登り終えたところにある、強羅公園。

141117_101900.jpg

この中の強羅クラフトハウスにてクラフト体験。
ドライフラワーアレンジメント希望が4名
サンドブラスト希望が3名
それぞれの作品っす個性、出てます

141117_142148.jpg

141117_142743.jpg

出来上がった作品を持って、急な坂道を下り
再び強羅駅へ。
今度は箱根湯本へ戻ります。
行きは乗客を乗せて懸命に走っていた登山鉄道。
帰りはギーギーブレーキ音を響かせ
険しい山道を下っていきます。

箱根湯本へ無事到着。
湯本富士屋ホテルのランチブッフェ会場へ急ぎ足。
腹減ったぁぁぁぁぁ

景色.jpg

箱根湯本駅から富士屋ホテルに向かう途中の桟橋から
色づいた木々と川に登山鉄道。
なかなかいい絵が撮れたんじゃないかぃ?

フレンチと中華のお料理21品
デザート11品

目指せ 全品制覇
は、流石に無理でしたが、ほぼ全種類のお料理を戴き
満腹通り越して腹はち切れそうでした。
ええ、夕飯、喰えなかったです。
ここぞとばかり平らげましたが、何か?

食事を終えて、
足裏マッサージ、整体、温泉へと分かれ
至福の時間を過ごすと、早くも帰宅時間です。
お土産屋さん廻りも予定してたのに
マッサージが心地よくて予定時間を大幅にオーバー。
特急券売り場へと急ぐのであった

思いの外、特急券を購入する人々が並び
乗りたかった特急は完売。
1本後の特急、7人バラバラの座席にて帰宅となりました。
いやぁぁぁぁぁぁ。
さすが、箱根湯本。
観光地なだけあるねぇ〜。
普通に特急券が買えるだろうと思っていた私達。
甘かったですよ。ええ。

今回の日帰り旅行。
楽しくて時間があっと言う間に過ぎてました
また、みんなで何処かへ行こうねぇ〜

家では寒くなってきたので1週間ほど前にコタツを出しました。

141111_185236.jpg

猫はコタツで丸くなる
って言うじゃないですかぁ?
でも、生まれて始めてみるコタツに
わび助とさび助はビビリまくり。
中に入ろうともしなかった
やっと中に入ったからスイッチ入れてあげると
またビックリしてコタツから飛び出す始末
最近、やっとスイッチの入っていないコタツの中でなら
丸くなるようになりました
もっと寒くなると暖かさを求めて
スイッチの入ったコタツも受け入れるのかな?

日中は暖かなお日様の光で温々する2匹なのでした

141118_123611.jpg

リラックス

  • 2013.08.03 Saturday
  • 00:07
2013080223570000.jpg

お風呂場です。

写真を撮るために室内灯を点けてますが
真っ暗にしてローソクの柔らかな明かりで
ぬるめのお湯に浸かってリラックスタイム。

お風呂で本を読むのに疲れてきたので
気分転換。

これ、全て100均商品
締めて1155円なぁりぃ〜
予備ロウソク20個付き

閑散としてました

  • 2013.07.31 Wednesday
  • 00:00
 お仕事で高幡不動に行ってきました。
業務に入るまで時間があったので
金剛寺をブラブラお散歩。

2013072615460000.jpg

土方歳三の菩提寺ってんで銅像立ってます。
その奥に池があって綺麗な蓮の花が咲いてました。

2013072615470000.jpg

でも、閑散としてましたね。
ちょっと前にアジサイ祭りが終わったところだからでしょうか?
平日だからだね、きっと。
前に来たときは、結構参拝者が沢山居たって記憶があるし。

仁王門に金剛力士が安置されてましたが
田舎でよく見ていた仁王さんとは違って
こちらの仁王さんは、あ・うん共に素朴な感じでした


残念な台湾旅行

  • 2013.05.31 Friday
  • 00:00
 今日はスーパーで売っていた「海鮮塩だれ」って名前の
エビ、イカ、アサリ、にんじん、タケノコ、ジャガイモ、ネギ、キクラゲ、インゲン豆を塩だれに漬けた、フライパンで焼くだけ簡単調理が売りの商品を使ってみた。
切って冷凍保存してあるピーマンと水煮で売ってあるヤングコーンも加えて、やっぱりフライパンで炒めただけ。



イカは肉厚で美味しかったけど、エビ、ちっちゃっっっっ
ほんと、涙が出そうなほど小さかった(大袈裟?)

エビ好きなんですよねぇ〜

エビで思い出すのは、馬鹿な弟の事。
私もだけど弟もエビ大好き
その上、食い意地も張っている

家族で台湾ツアー旅行に参加したときの事。
ある日の夕飯にエビが出てきた。
両親のエビにまで手を出す弟を見たツアー参加の大人達。
私より5歳下の弟は当時、見た目は可愛い小学6年生。
皆さん、食い意地の張った見た目は可愛い小学6年生の男の子にエビをくださいましたの。
大好物のエビをたらふく食べてご機嫌だった弟でしたが、翌日、熱を出しやがった

風邪を引いたのかと思ったけど、きっと違う。
エビの食い過ぎだったんだと思う。
だって、夜には元気になってたから。

このツアー、すんごく残念なツアーだったんですよ。

バスで移動する間、おっちゃんガイドが片言日本語でずっと説明してくれるんですが、何処へ居ても同じ話が盛り込まれていて
「それ、もう知ってるから」
って突っ込みたくなる衝動を抑えるのに必死

観光地に着くと駆け足状態。
「急いで下さぁ〜い」
と叫ぶガイドさんの後を、みんな息を切らして付いていく。

ガイドさんにマージンの入る土産物店では、たぁ〜っぷり時間を使い、他の店や露店では何も買わせないようにする。
それでも無視して買うと、メチャクチャ叱られる。
バスに売り子まで呼んじゃってる。

終いには、自分の知人達をバスに同乗させてタクシー代わりに使ってました

今も、何処をどう回ったのか、なんて言う所に立ち寄ったのか思い出せない。
思い出すのはガイドのおっちゃんから繰り返し聞いた話と「急いで下さぁ〜い」って言葉だけ。

そんなだから、病院へ連れて行ってもらえるわけもなく、その上、その日に限って、朝から電車での移動。
エビの食い過ぎで熱を出した馬鹿な弟は自業自得って事にしておくとして
電車移動中、ずっと私のひざを枕にイビキかくってどぉ〜よ!?
母のひざ使えっちゅぅ〜の

今夜はどれにしましょうか?

  • 2013.04.29 Monday
  • 00:00
2013041311520000.jpg

いろいろな入浴剤を頂きました
ぷるぷるになりそうな「コラーゲン」
夏によさげな「ペパーミント」
「菊正宗」なんてのもあります。
にごり酒風呂だって。
コメ発酵液(保湿成分)が入っているらしい。

日本酒と言えば・・・

「すげぇ飲みそう」と言われるのですが、アルコール全般、酒が嫌いなんで飲みません。
飲めないことはないので、お付き合いすることはありますが、飲んでもホントにお付き合い程度(1〜2杯)です。
半杯飲むと真っ赤っかになります。
2杯以上飲むと頭が痛くなります。
多くの人がスポーツ後や風呂上がりに楽しみにしているらしいビールですが、私はビールを「美味しい」と感じたこともありません。
だって苦いじゃん

ただ、若かりし頃は「飲むのがカッコイイ?」的な勘違いしてまして、頭痛に耐えながら飲んでたこともあります。

ある日、知り合いの経営していたお店で友達やお店の常連さん達と
不味いと思いながら「まずはビールで」乾杯。
その後は何を飲んだか覚えてないけど、結構、いろいろな種類のアルコールを摂取。
調子に乗って日本酒の一気飲みまでして大騒ぎ。


ちょっとヤバイ
トイレに駆け込まないと、非常にヤバイ
って状態になってしまった。
席を立ち
後ろを向いた瞬間
・・・
知らない団体の目の前で
・・・

「うわっ」
とか
「きゃぁ〜っ」
とか
「うぇ〜」
とか聞こえてくる。
相手の顔を見る余裕すらなく「ごめんなさい」と謝りながらトイレに駆け込んだ。
しばらくトイレを占領して出てくると、その団体さんは帰った後だった。
ちゃんとお詫びできなくてごめんなさい〜

こんな失態を演じたにも関わらず、懲りもせずに、またそのお店にお邪魔して友人達とカウンターで楽しく過ごしてると、お隣に座った知らない男性が話しかけてくる。
馴れ馴れしい人だなと思いながらも、知り合いのお店って事もあり警戒することなくおしゃべりしていると
「この前・・・した子だよね?」

あの時、目の前で・・・された方だったんですね?
それを言いたくて話しかけてきたんですね?
馴れ馴れしい人だなんて思って、ほんと、すみません

あれ以来、日本酒は飲んでません。

そう言う問題じゃないだろう!?

あれ?
何の話を書こうとしてたんだっけ?
女っぽく「入浴剤」のお話しを綺麗に纏めようと思っていたのに、なんでこんな失態をつらつらと書いちゃってるんだ?
タイトルとカテゴリーが本文にマッチしてないじゃん

スーパー銭湯

  • 2009.02.24 Tuesday
  • 02:24
2009030202240000.jpg

蒲田の駅前にあるスーパー銭湯。

中でエステやらマッサージが受けられる。
長時間価格と1時間などの短時間パックがあり、意外とスーツ姿の女性がいることに驚いた。

動物タクシー

  • 2009.01.17 Saturday
  • 12:34
インドでは街中を色々な乗り物が走っている。
人が走って人力車を引く「リクシャー」
自転車の後ろに座席をくっつけた「トゥクトゥク」
バイクをタクシー型に改良した「オートリクシャー」

2009011711530000.jpg

人間の運転でない乗り物もあり、上はラクダ、下はゾウの乗り物ある。
観光用とはいえ、一般道路を車と分けることなくゆっくりと横行している。

「信号はあれども守らないない」ことが一般的なこの国の道路では、事故を減らすために国民に交通ルールを教育するだけでなく、道路に工夫がなされている。

最初乗り物に乗ったときに、あまりにガタガタするので、舗装しているにもかかわらず道が悪いな〜と思ったのだが、そうではなかった。

一般道路では、ある程度以上スピードを出せないように、軽い車止めのような盛り上がりが一定間隔であるのだ。


国民皆教育が難しい国ならではの策だな・・・と思った。


2009011711530001.jpg

商売国

  • 2009.01.16 Friday
  • 12:19
2009011712040000.jpg

入った食堂で隣に座ってきたおじいちゃん。
ただの客かと思っていたら、香水やさんだった。
(香水とアロマオイルを自分で抽出しているお花やさん)

インドではこういうことはしょっちゅうである。
ただの客かと思っていたら、商人で話がはずむとおもむろに商品を出してくる。

店の店主もバックマージンをもらっているのか、自分の店内で商売をされて怒るなんて人はほとんどいない。

おじいちゃんは我々が買う気がないのを見て取ると、次の客待ちをするのか煙草をすい始めた。


2009011712030000.jpg

高速(低速?)バス

  • 2009.01.15 Thursday
  • 13:00
過去二回の、寝台車の6時間遅れ、夜行バスの寒さに懲りて、昼間のバスを利用して移動することにした。

どうせ昼間でだから寝るわけではないし、朝起きて街中を歩き座席の一番安そうなところのバスに乗ることにした。
話しかけてきたキャッチのお兄ちゃんの中で、一番価格の安かったバスである。

2009011711430000.jpg

座席はまぁまぁ、ようは夜の寝台を昼間も動かしているというだけのことだが、価格が安い理由が乗ってからわかった。

路線バスよろしく、片っ端から止まるのである。
もちろん電車と同じで、止まったところで物売りが乗ってくるため、彼らが降りるまでバスは動き出さない。

おかげで、朝出たのに着いたのは日が暮れる前であった。
これでは、後れる電車と変らない・・・・。

2009011711420000.jpg

来て初めのころの雑談中に、インド人に言われた話をなんとなく思い出した。

*******************************
ガンジス川をボートで漕いでいる最中にボートの乗りが客に言いました。
あなたが持っているもので一番価値のあるものを川に入れてください。
そうしたところ・・・

アメリカ人は「ドル」を
日本人は「時計(時間)」を
バングラディッシュ(隣国)は「ゴールド」を投げ入れ、
インド人は「自身」が飛び込んだと・・。

*******************************

1時間遅れようが、6時間遅れようが怒る人が少ないこの国で、
国内で時差のない国からやってきて、予定通りに動こうとする日本人は
相当奇妙に移るに違いない・・・。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

TOP

logo2.jpg

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM